シアリスの効果と副作用

シアリスは、2013年に全世界で一番利用されるようになったED治療薬です。
2003年に米国イーライリリー社により発売され、バイアグラ・レビトラに次ぎ、3番目に認可されたED治療薬です。2007年に日本でも認可され使用されるようになりました。
バイアグラやレビトラなど他のED治療薬があるなかそれらの後発品ながらなぜこれほどまでに人気の商品となったのでしょうか?

シアリスは、タダラフィルという成分がED改善の有効成分として配合されており、タダラフィルが、陰茎への血流を良くすることで勃起をサポートします。
タダラフィルの含有量により、5㎎・10㎎・20㎎が発売されており、20㎎が一般的に広く利用されております。

効果は服用後、約36時間持続し、他のED治療薬バイアグラ(有効成分:シルデナフィル)やレビトラ(有効成分:バルデナフィル)は効果の持続時間が4~8時間であることと比較して、効果が非常持続するED治療薬です。もちろん、効果持続時間中でも、性的刺激がない限り勝手に勃起するようなことはありませんのでご安心ください。

さらに、他のED治療薬(特にバイアグラ)は、食事の影響により効果が半減してしまうため、空腹時や食後時間を空けて飲む必要がありましたが、シアリスは、食事の影響を受けにくいため、時間を気にせずに服用することができます。

効果の程度しては、バイアグラ・レビトラほど、硬さをサポートする力は強くないですが、一番自然な形に近い勃起力を長時間サポートしてくれます。
また、シアリスの副作用は、他のED治療薬に比べ発生頻度・程度は小さく、おもな副作用としては、頭痛、潮紅、ほてり、消化不良、筋痛、鼻づまり、などがあります。

シアリスは、これまでのED治療薬のデメリットである、効果持続時間や食事制限を補い、副作用も少なく非常に使い勝手の良いED治療薬として一番人気の商品となりました。