肥満の予防と食事の方法

肥満予防の為には、正しい食事の方法を学ぶ必要があります。たんぱく質は、肥満の予防に重要な役割を担う栄養素です。筋肉や骨を形成するためには、たんぱく質を何らかの形で摂取することが大事です。カロリーを燃やしてエネルギーにする機能が低下すると肥満予防が難しくなりますので、たんぱく質はどうしても必要なのです。

 

肥満の予防に大切な食事の栄養成分に、食物繊維があります。食物繊維を摂取できる野菜には、里いも、ピーマン、ごぼう、セロリなどがあり、身近な栄養素であるといえます。食物繊維は体内では消化できない成分で、腸を刺激する事で便秘を改善したりします。老廃物を体外に排出しやすいようにしたり、コレステロールや糖質の吸収を遅らせる働きがあるので肥満の予防に役立ちます。食物繊維が豊富な食材は、よく咀嚼して食べるものが多いようです。

 

しっかり噛んで食べる習慣をつけることで満腹中枢が働きやすくなり、少量の食事でも満腹感が得られます。ビタミンB1、ビタミンB2を意識して補給することも肥満予防にいいようです。ビタミンB1とB2は、糖質を効率よくエネルギーに変える働きをもっていたり、脂肪の燃焼を促してくれる成分です。ビタミンが欠乏すると太りやすくなるというのは、糖質をエネルギーに変える機能が衰えることから、使いきれなかった糖質が脂肪になるためです。肥満を予防するには、正しい食事方法について理解することも必要なのです。

 


体重管理の基本

体重管理をすることは、ダイエットをする場合に必要なのですが、どのように行ったら良いのでしょうか。体重を減らすことだけでなく、体重を増やすことでも体重管理は重要です。

 

健康面を配慮するのであれば、体重は増減どちらの場合でもゆるやかにやることです。ダイエットでは急激な体重の減少はリバウンドの大きな原因になりますし、何らかの理由体重を増やしたい場合でも急激に増やすと体脂肪が付きすぎてしまいます。このくらいの体重になりたいという数値を決めて、その数字に向かって体重管理をします。食事の量による体重管理はどのくらい食べるというような量を明確にするのは難しいといいます。

 

同じものを同じ量食べても個人差によってどれだけ吸収されるかは、かなり違ってくるからです。毎日の生活内容によっても、必要なカロリー量は違います。人によって、1日の運動量が多い人と、そうでない人がいます。世間一般の感覚でいえば、食事の量だけで体重管理ができそうなものですが、不確定な要素がたくさんあります。どんな食事をしたときに自分の体がどう反応するのかがポイントになります。実際に体重を計測し、その日の食事内容や活動量を記録することで、自分の体重について知ります。食事や生活習慣と体重の変化を観察することによって、自分の体質に合った体重管理のコツをつかむことができるでしょう。

 

 


脳のアンチエイジング

アンチエイジングには脳の若返りもあります。年をとれば老化していくのが脳を作る細胞で、それは皮膚や内臓器官と同じです。多少はどんな人でも加齢が原因でもの忘れが増えたり、記憶力が衰えてくるのは普通のことではないでしょうか。毎日の心がけや習慣で、脳のアンチエイジングは可能です。

 

脳の若返りを促進するというサプリメントも人気があります。脳トレ本、脳トレゲーム、脳のアンチエイジング効果があるという運動もとても人気があります。お手軽な方法で脳の若返りを促進するには、とにかく脳に刺激を与えることです。脳は繰り返しの作業や情報に対しては受ける刺激を低下させるため、新しい刺激、未知の体験が大事です。

 

知らない人とおしゃべりをしてみたり、作ったことのない料理をつくってみたり、地図だけでナビを利用せずに知らない場所を散歩するのもおすすめです。アンチエイジング効果を脳に与えることができるのが、予想できない体験です。

 

脳の若返りには軽い運動をすることも良いそうです。もともと運動好きな人ならばいいですが、運動が苦手な人でもサイクリングやトレッキングなど楽しみながらできる運動がおすすめです。職場や日々の生活で使用するのは多くの場合限られた脳の一部だけなので、ずっとそれを繰り返していると脳の柔らかさというものがなくなってしまうのです。頭を柔らかく、色々な脳の使い方をすることが脳のアンチエイジングに、ひいては脳の若返りにつながります。

 

 


お腹を引き締めるためのポイント

お腹周りを引き締めたいという人も、年齢とともに脂肪が付きやすくなるので多いのではないでしょうか。うっかり食べ過ぎたり、お酒の飲み過ぎで、気づけば下腹が突き出していたという人もいます。

赤ちゃんを産んだことがない女性でも、ホルモンバランスの関係で、女性の体は下腹部に脂肪が蓄積しやすいといいます。現代の生活はどんどん便利になり、体を動かす機会も減っています。体を引き締めたい人は、健康的な生活や、運動の習慣を取り入れるようにすることが大事です。積極的に運動を取り入れたり、体脂肪を増やす原因になる食生活を改善することが大切なのです。食事を見直すことで消費と摂取のバランスが整います。

腹部を意識したエクササイズを行ったり、お腹にお肉がつきやすい猫背や反り腰の姿勢を直すことで、お腹を引き締めることができます。お腹周りの脂肪を効率的に燃焼させるためには、息切れをしないくらいの運動を継続することです。30分程度の軽い有酸素運動がおすすめです。ウォーキングやスローペースのジョギングなどで、お腹を引き締めていきたいものです。お腹の引き締めをするためには、お腹の深層部に腹巻のように巻きついている腹膜筋を使うような運動をすることも必要です。食生活を見直すことも、お腹の引き締めに一役買っているといいます。甘いものやお酒といった糖質を多く含む食品の摂り過ぎにはくれぐれも気を付けましょう。バランスの取れた食生活と適度な運動を意識してお腹周りを引き締めましょう。


ヘム鉄サプリメント

ヘム鉄のサプリメントが最近人気のサプリメントです。鉄分は、貧血の対策や、鉄分不足らなりやすい女性からすれば、何とかして摂取しておきたい栄養成分だと言えるでしょう。鉄分を補給する方法は、サプリメントの他に食事があります。動物性の食品からは、ヘム鉄をが摂取できます。

もうひとつ野菜や卵といった植物性の食品に含まれている非ヘム鉄があるのは、よく知られていることです。非ヘム鉄よりも、ヘム鉄の方が体内への吸収率は高く、効率がいいと言われています。ヘム鉄を取る為にはサプリメントではなく、肉や魚などヘム鉄をたくさん含む食品を食べたほうが良いと考える人がいるかも知れません。食品だけではうまくヘム鉄を吸収するのは難しいのが実際の所です。

ヘム鉄を多く含むとされるレバーやあさり、しじみ、かつおなどがあげられます。常に食べ続けることを考えると、調理が大変だったり、コレステロール値が高くなりすぎるなどのデメリットがあります。コレステロールの多過ぎる食事をしてまで、ヘム鉄を体内に取り入れることはありません。一般的に日本人が普段の食事で食べている食品のほとんどは、鉄吸収率の悪い非ヘム鉄だと言われています。常にヘム鉄を使った食事をするには、意図してそのための食材を使わなければいけないので、食事メニューを決めて料理をする手間がかかります。ヘム鉄を摂取するならば、食事からでは無く、サプリメントの利用が便利で簡単なのでおすすめです。

 

ヘム鉄サプリメントの副作用

ヘム鉄のサプリメントは副作用はあるのでしょうか。鉄分は、貧血がちな女性などに役立つ栄養素です。しかし、ほかのサプリメント同様、過剰に摂りすぎると体に悪影響が出ることがありますので要注意です。過剰にヘム鉄を飲むと、糖尿病のリスクが上がったり、鉄中毒になることがあります。また、胃腸の働きや、肝臓の動きに支障が出ることもあります。ヘム鉄のサプリメントを摂取する時は、鉄分の1日上限摂取量である40から45mg以上は摂取しないように気をつけましょう。

ヘム鉄のサプリメントを許容量を超えて飲み続けていると、腸の動きが鈍くなって便秘や下痢になったり、おう吐感が出たりします。眼球鉄症という視力低下や、最悪の場合には失明の可能性もある病になる事もあるそうです。不必要な健康障害を起こさないようにするためには、ヘム鉄のサプリメントを摂取する時は、容器などに書いてある用量用法を守るようにしましょう。サプリメントを飲むことで、1日にどのくらいのヘム鉄を補給することになるかをあらかじめ知っておくことです。

どの量からが飲みすぎで、このサプリメントはどのくらい飲めるのかなどを確認することが重要です。妊娠中の女性などは、しっかり鉄分を補給するようにと言われるケースも少なくなりようです。鉄分は、不足していない時に妊婦が飲みすぎると、それが原因で高血圧になったり、赤ちゃんの育ち方に問題が起きたりということがあります。ヘム鉄のサプリメントを妊娠中に飲む場合は、必ず主治医などに相談してから飲むようにしましょう。