レシチンの摂取方法とサプリメントについて

レシチンという成分が生活習慣病や肝硬変、動脈硬化などの予防や改善に役立つことはよく知られていることです。レシチンに限らず、食事から体に必要な栄養を確保することは大事です。日々の食事で、健康状態を保つための栄養成分をしっかり得るということは、レシチンや他の栄養素を含む食事をしなければなりません。栄養バランスの取れた食事を毎日欠かさないようにするには、相当の努力が必要になります。食事のみで栄養素を全て網羅できればいいですが、なかなか思うようにはいきません。

そんな時に役に立つのが、サプリメントでの栄養補給です。レシチンの場合、含まれているのは大豆や卵黄、ピーナッツなどです。大豆はさておき、卵黄やピーナッツはコレステロールが多いので多くの量を取ることはあまりおすすめできません。大豆は、卵黄や落花生ほどコレステロールを含まないので、安心して食べることができます。サプリメントを使わず、食品でレシチンを補給しようとすると、1日に消費する食品はかなりの分量になってしまうといいます。1日食べれば終わりと言うものではなく、食べ続けなくては摂取の意味がありません。

大豆はともかく、卵黄、ピーナッツを毎日沢山食べなければいけないような生活は、長く続くものでは到底ありません。食事の仕度の手間もありますから、サプリメントより面倒です。なるべく食品でレシチンを取ろうという考えはとてもいいのですが、サプリメントに比べるとあまり実用的ではないと考えられます。

 

レシチンのサプリメントと副作用

レシチンのサプリメントは特定の病気予防や改善に役立つ成分である為体にとても良いものではありますが、副作用は無いのでしょうか。現時点では、レシチンに特定の副作用があるという指摘はないようです。副作用に関する明確な記載は、今のところは販売中のレシチンサプリメントにはないものばかりのようです。

レシチンは大豆やピーナッツ、卵などに多く含まれている成分です。人によっては、卵黄、大豆、落花生などにアレルギーかあるという人がいます。特に今まであまり大豆やピーナッツ、卵などを意識して摂取していない場合には要注意です。レシチンのサプリメントを利用する時には、大丈夫かどうか確認することをおすすめします。個人の体質によりますが、人によってはレシチンサプリメントを摂取すると下痢や吐き気などの症状が現れることがあります。体質によりますが、下痢の症状や、腹部の痛み、吐き気などがレシチンサプリメントで出ることがあります。

すぐにサプリメントの利用を中止して、病院などできちんと原因を確認することが大切です。アレルギーは体調によって出たり出なかったりということがありえます。かつて平気だったから、今回も大丈夫という保証はありませんので、十分に注意をしてください。レシチンサプリメントに限らず、サプリメントを利用する時には利用方法をよく守り、体調の変化にも注意するようにしましょう。

 

 


鉄サプリメントの摂取方法

鉄サプリメントを貧血に効果のあるものとして利用している人は多いようですが、正しい摂取方法はあるのでしょうか。人間の体には、ある程度の量の赤血球が必要です。血液中のヘモグロビンは鉄分がないと作ることができないためです。

人間の体は、赤血球に含まれるヘモグロビンによって届けられる酸素を使って活動に必要なエネルギーを得ています。ダイエットをしていて食事の摂取量を減らしている人や、忙しくて食生活が乱れがちな人はサプリメントで鉄分を補うことが必要です。吸収効率が悪いことが鉄摂取のネックですが、ビタミンCをサプリメントなどで得ることで吸収がよくなります。ビタミンCを一緒に摂ると鉄分の吸収率がアップします。錠剤のビタミンCでなくてもビタミンCの豊富な柑橘類や梅干しと鉄サプリメントを一緒に摂取する方法もあります。鉄サプリメントを使う時は、飲まない方がいいものもあります。

タンニンは鉄分と結びつき吸収を阻害する成分なので、コーヒーやお茶、紅茶は控えましょう。お茶で鉄サプリメントの飲むことはやめましょう。胃の消化力が弱い人は、鉄分のサプリメントを摂取すると胃によくないことがありますので、食後に水やお湯で飲みましょう。普段飲んでいる薬などがある人は主治医に鉄サプリメントを一緒に摂取しても良いか確認することも大切です。

 

鉄サプリメントの注意点

鉄サプリメントで貧血気味で疲れやすい人の多くが鉄分を摂取しているといいます。鉄分を摂取するためにサプリメントを活用することは合理的な考え方ですが、サプリメント利用時に注意すべき点は何でしょうか。人体に鉄はなくてはならない存在であり、酸素を行き渡らせ、新陳代謝を促進します。人の体は鉄を含む食事をした場合、鉄の量がちょうどよくなるようにコントロールしようとする働きがあります。鉄不足になりやすいのは、生理がある年代の女性がほとんどのようです。

鉄サプリメントを摂取することで鉄分過多になっている場合がありますので注意しなければなりません。鉄の過剰状態とは過度の鉄分が血液に送り込まれていたり、肝臓や心臓などの臓器に蓄積されている状態のことです。鉄の吸収効率がよすぎる人もいますので気をつけましょう。鉄をたくさん摂りすぎたために、心臓麻痺や肝硬変などの生命に関わる疾患が出ることがあります。鉄サプリメントはそもそも鉄分が足りていない人が摂取するべきサプリメントです。

鉄サプリメントを使うのは、鉄が欠乏気味だという人だけがいいようです。病気などでしばしば輸血を受ける人も、鉄サプリメントはおすすめできません。鉄サプリメントは医師から処方されたものを利用するように心がけましょう。