鉄サプリメントの摂取方法

鉄サプリメントを貧血に効果のあるものとして利用している人は多いようですが、正しい摂取方法はあるのでしょうか。人間の体には、ある程度の量の赤血球が必要です。血液中のヘモグロビンは鉄分がないと作ることができないためです。

人間の体は、赤血球に含まれるヘモグロビンによって届けられる酸素を使って活動に必要なエネルギーを得ています。ダイエットをしていて食事の摂取量を減らしている人や、忙しくて食生活が乱れがちな人はサプリメントで鉄分を補うことが必要です。吸収効率が悪いことが鉄摂取のネックですが、ビタミンCをサプリメントなどで得ることで吸収がよくなります。ビタミンCを一緒に摂ると鉄分の吸収率がアップします。錠剤のビタミンCでなくてもビタミンCの豊富な柑橘類や梅干しと鉄サプリメントを一緒に摂取する方法もあります。鉄サプリメントを使う時は、飲まない方がいいものもあります。

タンニンは鉄分と結びつき吸収を阻害する成分なので、コーヒーやお茶、紅茶は控えましょう。お茶で鉄サプリメントの飲むことはやめましょう。胃の消化力が弱い人は、鉄分のサプリメントを摂取すると胃によくないことがありますので、食後に水やお湯で飲みましょう。普段飲んでいる薬などがある人は主治医に鉄サプリメントを一緒に摂取しても良いか確認することも大切です。

 

鉄サプリメントの注意点

鉄サプリメントで貧血気味で疲れやすい人の多くが鉄分を摂取しているといいます。鉄分を摂取するためにサプリメントを活用することは合理的な考え方ですが、サプリメント利用時に注意すべき点は何でしょうか。人体に鉄はなくてはならない存在であり、酸素を行き渡らせ、新陳代謝を促進します。人の体は鉄を含む食事をした場合、鉄の量がちょうどよくなるようにコントロールしようとする働きがあります。鉄不足になりやすいのは、生理がある年代の女性がほとんどのようです。

鉄サプリメントを摂取することで鉄分過多になっている場合がありますので注意しなければなりません。鉄の過剰状態とは過度の鉄分が血液に送り込まれていたり、肝臓や心臓などの臓器に蓄積されている状態のことです。鉄の吸収効率がよすぎる人もいますので気をつけましょう。鉄をたくさん摂りすぎたために、心臓麻痺や肝硬変などの生命に関わる疾患が出ることがあります。鉄サプリメントはそもそも鉄分が足りていない人が摂取するべきサプリメントです。

鉄サプリメントを使うのは、鉄が欠乏気味だという人だけがいいようです。病気などでしばしば輸血を受ける人も、鉄サプリメントはおすすめできません。鉄サプリメントは医師から処方されたものを利用するように心がけましょう。