ヘム鉄サプリメント

ヘム鉄のサプリメントが最近人気のサプリメントです。鉄分は、貧血の対策や、鉄分不足らなりやすい女性からすれば、何とかして摂取しておきたい栄養成分だと言えるでしょう。鉄分を補給する方法は、サプリメントの他に食事があります。動物性の食品からは、ヘム鉄をが摂取できます。

もうひとつ野菜や卵といった植物性の食品に含まれている非ヘム鉄があるのは、よく知られていることです。非ヘム鉄よりも、ヘム鉄の方が体内への吸収率は高く、効率がいいと言われています。ヘム鉄を取る為にはサプリメントではなく、肉や魚などヘム鉄をたくさん含む食品を食べたほうが良いと考える人がいるかも知れません。食品だけではうまくヘム鉄を吸収するのは難しいのが実際の所です。

ヘム鉄を多く含むとされるレバーやあさり、しじみ、かつおなどがあげられます。常に食べ続けることを考えると、調理が大変だったり、コレステロール値が高くなりすぎるなどのデメリットがあります。コレステロールの多過ぎる食事をしてまで、ヘム鉄を体内に取り入れることはありません。一般的に日本人が普段の食事で食べている食品のほとんどは、鉄吸収率の悪い非ヘム鉄だと言われています。常にヘム鉄を使った食事をするには、意図してそのための食材を使わなければいけないので、食事メニューを決めて料理をする手間がかかります。ヘム鉄を摂取するならば、食事からでは無く、サプリメントの利用が便利で簡単なのでおすすめです。

 

ヘム鉄サプリメントの副作用

ヘム鉄のサプリメントは副作用はあるのでしょうか。鉄分は、貧血がちな女性などに役立つ栄養素です。しかし、ほかのサプリメント同様、過剰に摂りすぎると体に悪影響が出ることがありますので要注意です。過剰にヘム鉄を飲むと、糖尿病のリスクが上がったり、鉄中毒になることがあります。また、胃腸の働きや、肝臓の動きに支障が出ることもあります。ヘム鉄のサプリメントを摂取する時は、鉄分の1日上限摂取量である40から45mg以上は摂取しないように気をつけましょう。

ヘム鉄のサプリメントを許容量を超えて飲み続けていると、腸の動きが鈍くなって便秘や下痢になったり、おう吐感が出たりします。眼球鉄症という視力低下や、最悪の場合には失明の可能性もある病になる事もあるそうです。不必要な健康障害を起こさないようにするためには、ヘム鉄のサプリメントを摂取する時は、容器などに書いてある用量用法を守るようにしましょう。サプリメントを飲むことで、1日にどのくらいのヘム鉄を補給することになるかをあらかじめ知っておくことです。

どの量からが飲みすぎで、このサプリメントはどのくらい飲めるのかなどを確認することが重要です。妊娠中の女性などは、しっかり鉄分を補給するようにと言われるケースも少なくなりようです。鉄分は、不足していない時に妊婦が飲みすぎると、それが原因で高血圧になったり、赤ちゃんの育ち方に問題が起きたりということがあります。ヘム鉄のサプリメントを妊娠中に飲む場合は、必ず主治医などに相談してから飲むようにしましょう。