お腹を引き締めるためのポイント

お腹周りを引き締めたいという人も、年齢とともに脂肪が付きやすくなるので多いのではないでしょうか。うっかり食べ過ぎたり、お酒の飲み過ぎで、気づけば下腹が突き出していたという人もいます。

赤ちゃんを産んだことがない女性でも、ホルモンバランスの関係で、女性の体は下腹部に脂肪が蓄積しやすいといいます。現代の生活はどんどん便利になり、体を動かす機会も減っています。体を引き締めたい人は、健康的な生活や、運動の習慣を取り入れるようにすることが大事です。積極的に運動を取り入れたり、体脂肪を増やす原因になる食生活を改善することが大切なのです。食事を見直すことで消費と摂取のバランスが整います。

腹部を意識したエクササイズを行ったり、お腹にお肉がつきやすい猫背や反り腰の姿勢を直すことで、お腹を引き締めることができます。お腹周りの脂肪を効率的に燃焼させるためには、息切れをしないくらいの運動を継続することです。30分程度の軽い有酸素運動がおすすめです。ウォーキングやスローペースのジョギングなどで、お腹を引き締めていきたいものです。お腹の引き締めをするためには、お腹の深層部に腹巻のように巻きついている腹膜筋を使うような運動をすることも必要です。食生活を見直すことも、お腹の引き締めに一役買っているといいます。甘いものやお酒といった糖質を多く含む食品の摂り過ぎにはくれぐれも気を付けましょう。バランスの取れた食生活と適度な運動を意識してお腹周りを引き締めましょう。