体重管理の基本

体重管理をすることは、ダイエットをする場合に必要なのですが、どのように行ったら良いのでしょうか。体重を減らすことだけでなく、体重を増やすことでも体重管理は重要です。

 

健康面を配慮するのであれば、体重は増減どちらの場合でもゆるやかにやることです。ダイエットでは急激な体重の減少はリバウンドの大きな原因になりますし、何らかの理由体重を増やしたい場合でも急激に増やすと体脂肪が付きすぎてしまいます。このくらいの体重になりたいという数値を決めて、その数字に向かって体重管理をします。食事の量による体重管理はどのくらい食べるというような量を明確にするのは難しいといいます。

 

同じものを同じ量食べても個人差によってどれだけ吸収されるかは、かなり違ってくるからです。毎日の生活内容によっても、必要なカロリー量は違います。人によって、1日の運動量が多い人と、そうでない人がいます。世間一般の感覚でいえば、食事の量だけで体重管理ができそうなものですが、不確定な要素がたくさんあります。どんな食事をしたときに自分の体がどう反応するのかがポイントになります。実際に体重を計測し、その日の食事内容や活動量を記録することで、自分の体重について知ります。食事や生活習慣と体重の変化を観察することによって、自分の体質に合った体重管理のコツをつかむことができるでしょう。