肥満の予防と食事の方法

肥満予防の為には、正しい食事の方法を学ぶ必要があります。たんぱく質は、肥満の予防に重要な役割を担う栄養素です。筋肉や骨を形成するためには、たんぱく質を何らかの形で摂取することが大事です。カロリーを燃やしてエネルギーにする機能が低下すると肥満予防が難しくなりますので、たんぱく質はどうしても必要なのです。

 

肥満の予防に大切な食事の栄養成分に、食物繊維があります。食物繊維を摂取できる野菜には、里いも、ピーマン、ごぼう、セロリなどがあり、身近な栄養素であるといえます。食物繊維は体内では消化できない成分で、腸を刺激する事で便秘を改善したりします。老廃物を体外に排出しやすいようにしたり、コレステロールや糖質の吸収を遅らせる働きがあるので肥満の予防に役立ちます。食物繊維が豊富な食材は、よく咀嚼して食べるものが多いようです。

 

しっかり噛んで食べる習慣をつけることで満腹中枢が働きやすくなり、少量の食事でも満腹感が得られます。ビタミンB1、ビタミンB2を意識して補給することも肥満予防にいいようです。ビタミンB1とB2は、糖質を効率よくエネルギーに変える働きをもっていたり、脂肪の燃焼を促してくれる成分です。ビタミンが欠乏すると太りやすくなるというのは、糖質をエネルギーに変える機能が衰えることから、使いきれなかった糖質が脂肪になるためです。肥満を予防するには、正しい食事方法について理解することも必要なのです。